光るマンション

マンション大規模修繕工事を行って物件の価値をキープしよう

マンション大規模修繕工事の発注方式について

マンションを所有する大家さんなら、マンション大規模修繕工事を検討したことがあるのではないでしょうか。マンションの資産価値に関わる重要なマンション大規模修繕工事ですが、今回はその発注方式についてご紹介します。日本で採用される発注方式は、主に責任施工方式と設計監理方式です。責任施工方式は、決まった施工業者に建物診断から施工管理まで一括して依頼する方法です。メリットはマンション側の負担が軽くなる点や、トータルして計画的に工事を進められる点、また、万が一トラブルの際に責任の所在が明確な点です。ただ、工事の内容や見積りの明細が曖昧になりやすく、費用が割高になる場合がある点や、第三者によるチェックがなく、手抜き工事のリスクが高まる点です。
一方、設計監理方式は施工業者と別にコンサルタント会社とも契約する方法です。コンサルタント会社は施工業者の選定をサポートし、工事中の管理まで行います。メリットは施工と設計管理を分ける為、大規模修繕工事の質が上がる点や、無駄な工事や手抜き工事を防げる点です。ただしコンサルタント費用がかかるため、コンサルタント会社に丸投げせず、マンション側が中心になって施工業者を選定する必要があります。
いずれも、マンション大規模修繕工事は信頼できる施工業者の選定が重要なので、実績のある専門業者へ依頼するのがお勧めです。

注目の記事

更新記事

マンション大規模修繕工事の発注方式について

マンションを所有する大家さんなら、マンション大規模修繕工事を検討したことがあるのではないでしょうか。マンションの資産価値に関わる重要なマンション大規模修繕…

more

豊富な経験を活かしてマンション大規模修繕工事を進める業者

マンション大規模修繕工事を計画している場合、工事全体の流れを把握していますか?初めての大規模修繕を行うという方も多いですが、流れを把握して失敗の無いよう計…

more

マンション大規模修繕工事は専門業者に依頼しましょう

分譲マンションは10年を超えると外見的な劣化が目立ってきます。そうなると資産価値も下がりオーナーとしては困ります。そこでマンション大規模修繕工事の検討をお…

more

アクシデントを避けるには優秀なマンション大規模修繕工事業者を選択

基本的にマンション大規模修繕工事は、高額な費用が発生するので相当額のお金を準備しないといけません。そこで優秀なマンション大規模修繕工事専門業者へ依頼するこ…

more

新着情報リスト

このページのトップへ